包茎の悩みについて

仮性包茎は直る事があるのか?

仮性包茎って直る事があるのでしょうか?

 

ネットで調べてみると、以前は仮性包茎だった場合、むいている内に直ってしまったという例もあるようなのです。仮性包茎とは本当の包茎とは異なり、一時的なものだったり、皮をむくことができるため改善する事もあるようです。中には子供の頃だけそのような症状があり、大人になるにしたがって直っていったという方も居るようです。

 

では、仮性包茎って何なのか知ってみましょう。

 

仮性包茎とは本来で言う包茎とは異なり、自分で皮をむくと亀頭全体が露出します。または、普段は皮にかぶっているが勃起すると亀頭が露出するという症状も仮性包茎だと言う事ができます。仮性包茎は日本人に多いと言われていますが、はっきりとした割合は分かっていません。しかし、男性なら公共浴場などに行けばある程度は確認することができるため、どのような割合かはご存知だと思います。普段は皮が余っている状態ですが、特に問題は無く清潔に保つなど衛生面に気をつければ特に支障はありません。

 

仮性包茎は直ることがあるのか?という点ですが、元々仮性包茎ではなかったが、成長と共に亀頭が出るようになると言うことはあると言います。皮をむいた状態を何度か保ち、その状態を維持できるようになる事もあるのだとか。

生まれたときは皆包茎?

生まれた時には皆包茎?

 

これは良く聞く話ですね。多くの場合では、生まれたときに包茎である事が多いようです。ただし100%の子供が生まれたときに包茎であるわけではなく、一部の子供は既に皮がむけています。子供はまだ成長途中の体のため、多くの場合では生まれたときに包茎である事が多いと言われています。海外では割礼と言う儀式があり、包茎になってしまうのを防ぐため、小さい頃に皮をむく作業を行ないます。日本でも行なわれることはありますが、痛みを感じる子供も居るため、避ける家庭もあるようです。

 

生まれたときに包茎であるのは、正常な状態です。異常ではないので特に心配する必要はありません。おちんちんが大きくなるにつれて次第に皮がむけてきて、亀頭が見えるようになってきます。そのままだと仮性包茎や包茎になるのでは?と心配する人が居ますが、そのままでも大人になれば仮性包茎または亀頭が出ている状態の事が多いのです。まったくの包茎である割合は少ないので、無理に赤ちゃんの頃にむく必要性は無いかもしれません。

 

赤ちゃんの頃にむいたほうが良いと言われるのは、包茎になるのを避けるためではなく、皮と亀頭の間にばい菌が溜まりやすくかぶれたりするからです。お父さんがちゃんとむいて洗う事を教えてあげれば、感染症にかかってしまう恐れはありません。